デトックスダイエットが便秘に効く理由

デトックスダイエットが便秘に効く理由

便秘に苦しむ女性

デトックスダイエットは、便秘にも良い効果をもたらすと言われています。このページではその理由について解説しています。

このページで伝えたいことの大筋をまとめると以下になります。
・食品添加物の食品を長持ちさせようとする役割が、腸の消化の役割を邪魔してる
・デトックスダイエットで、痩せながら食品添加物を追い出そう!

食品添加物を出さないと便秘になる!?

私たちが普通に生活する場合において、避けて通ることができないのが食品添加物。できるだけ無添加の食品を選ぼうとしても、費用はかかるし、食べるものの範囲も狭まってしまう。日々の食生活の中で体に食品添加物という毒素をためこんでしまうことは、現代人の宿命かもしれません。

食品添加物 その効果 添加されている食品
香料 食品に香りをつけることで、風味や味わいを高める あらゆる食べ物・飲み物
酸味料 食品に酸味をつける 清涼飲料水・ジャム・缶詰・パン・つけもの・その他あらゆる食品
着色料 食品に食欲をそそる色をつける 清涼飲料水・バター・ソース・お菓子・飴・缶詰・カニカマなどの加工食品
保存料 カビや細菌の繁殖を抑制する。 あらゆる食べ物・飲み物
酸化防止剤 その名の通り、酸化を防止することで状態を保つ。 コンビニのおにぎりやお弁当・ワイン・清涼飲料水やペットボトルのお茶
甘味料 食品に甘みをつける ガムや飴・カロリーゼロの飲料
調味料(アミノ酸) 食品に旨味をつける 粉末だし、味の素、コンソメ粉末、めんつゆ、その他あらゆる食品

そんな食品添加物が、便秘の原因になっている可能性があるのです。その理由は、食品添加物の役割にあります。

食品添加物は、香料や酸味料、着色料など、食べ物をおいしく感じさせるために添加されているものがある一方で、保存料や酸化防止剤、防カビ剤など、食べ物の保存性を高めるために添加されているものがあります。食べ物の賞味期限がより長くなることは嬉しいことですが、実はこの働きが腸の消化の邪魔をしてしまうのです。

腸の働きは、消化酵素によって、その栄養分や水分を体内に吸収することです。
正常に食べ物を分解するためには、消化酵素の働きを助ける腸内細菌の活動が不可欠です。

食品添加物:細菌の活動を抑え、食品の賞味期限を長くする
腸内細菌:食品を発酵させるなどして、消化吸収の助けを行う

実は、食品添加物と腸の役割は相反しています。一方は細菌の活動を抑え、食品を長持ちさせる。一方は細菌を用いて食品を分解する。

食品添加物の役割が、腸や腸の中に住む善玉菌たちの役割を邪魔しているのです。
そして腸の動きが鈍くなり、やがて便秘になっていってしまいます。

アミノ酸調味料が便秘の原因に?

酸化防止剤や防カビ剤、保存料などの「保存のための食品添加物」が、腸の消化活動の邪魔をするということを説明してきました。
しかし、実は、便秘の原因になる食品添加物はそれだけに限りません。上の表の一番下、アミノ酸調味料は、それ自体が便秘の原因になっていることがあるそうです。

アミノ酸調味料とは、グルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムなどのことです。化学的に作った「うまみ」成分です。もちろんこれらの成分は、自然界に存在するものですが、現代の加工食品にはこれらが含まれすぎていて、現代人の摂取量としてはおそらく「自然」とはいえないでしょう。ナトリウムのとりすぎは、体の水分調節の異常を引き起こし、むくみの原因になります。

さらに人によってはアレルギーを起こし、蕁麻疹が発生したり、頭痛やめまいを訴える場合もあります。
そして私達の関心事である「便秘」の原因にもなっているのです。下痢と便秘を繰り返すということもあります。

食品添加物をデトックスしよう

そこで効果を発揮するのがデトックスです。デトックスダイエットを続けていくなかで、体に貯まってしまった食品添加物を排出することができます。

腸の働きを邪魔していた食品添加物が少なくなれば、それだけ腸や腸内細菌は動きやすくなります。
また、デトックスダイエットの方法によっては、便秘に強い効果を持つものもあります。 酵素ダイエットは消化酵素の働きを助けることで便通を良くしますし、デトックス茶は豊富な食物繊維や植物由来の成分で便通を良くします。

こうしたことが、デトックスダイエットが便秘に効くと言われている理由です。

便通を良くすることでも痩せやすくなる

また、便通を良くすることも重要なデトックスです。便がお腹にたまり続けると、腸の機能はだんだんと低下していきます。
腸の健康状態が悪いと、お腹の中で有毒ガスが発生します。おならがあまりに臭い人は注意が必要です。お腹の中で発生した有毒ガスは血液中に取り込まれ、体中の細胞に運ばれてしまいます。すると細胞の働きは衰えます。代謝活動が鈍くなるので、当然消費カロリーも減ります。

また、カロリー代謝にはビタミンやミネラルといった栄養素が不可欠ですが、腸の機能が衰えると、ビタミンやミネラルの吸収効率も悪くなります。それも太りやすい体質の原因となりますし、不健康です。規則的な便通はそういった意味でも重要なのです。

便通をよくするためのコツを軽く紹介します。まず、水を多く飲みましょう。夏なら1日2000ml、冬は1500mlを目安にしてください。午前中にコップ2杯、午後にコップ2杯、毎食後にそれぞれコップ1杯ずつ飲めば、だいたい目安通りの量の水を飲むことができます。お茶やコーヒーやジュースなどではなく、水にしましょう。カフェインや糖分はできるだけ避けたほうが代謝には良いです。

また、食生活を野菜中心にするも便通のためには重要です。食物繊維を多く摂ることで、便は腸をスムーズに通るようになります。加えて、野菜は人間にとってビタミン・ミネラルの重要な補給源でもあります。裏を返せば、肉はできるだけ少なくしたほうがよいです。具体的には鶏・豚・牛肉などは週に2食、魚は一日1食ぐらいがベストです。動物性のタンパク質や脂質は、腸で分解するときに悪玉菌が発生し腸内環境を悪くします。もちろん、全く食べるなとは言いませんが、バランスが重要なのです。

人気のデトックスダイエット法

デトックスダイエットの効果

デトックスダイエットの話