デトックスダイエット 風呂

お風呂のデトックスダイエットの効果は?

断食デトックスダイエット

日本人なら、誰もが毎日入るお風呂。人によっては、時間の関係で、毎日浴槽につかるのは難しいと言う場合もあるかもしれませんが、多くの日本人はお湯につかるのが好きですよね。

日本人がお風呂好きであることの理由がいくつかあるといわれています。

日本の気候は湿度が高く温度も高く、汗をかいてジメジメするので、お風呂に入らないといられない!という天候の理由。また、日本人は人種的に体臭が少ないので、少しでもにおうと気になる!とか。また、日本人は血行障害が起こりやすいそうで、血液の循環のために習慣的にお風呂に入っているとも言われていますね。あと、水資源が豊富だったり、温泉が多くでたり、などの理由も!

そんな理由は割りとここではどうでもよいのですが(じゃあ書くなよ)
お風呂に入ることのデトックスダイエットへの効果はいかがなんでしょうか。

汗とリンパが老廃物を流す!

お風呂につかることそのものの健康効果はさまざまに知られていますよね。
先にも述べましたが、体を温めることで血液循環がよくなります。筋肉もほぐれるので体がやわらかに。

また、お湯に浸かっているときは、空気中にいるときよりも浮力のおかげで力を抜いていられます。
そんなリラックス効果は心にもよい影響を与えますね。ストレス解消、副交感神経が優位になって穏やかになります。
免疫力が上がって病気になりにくくなったりもするそうです。

そして、我々が注目したいのが、そう! デトックス効果!
あったかいお湯に浸かれば誰もが汗をかきます。

以前の記事でも紹介しましたが、汗をかくことのデトックス効果は侮れません。

たまに「体の毒素はほとんど便や尿から排出されるのだから、汗をかくことにデトックス効果はない!」
と言う人がいますが、実は体に溜まった数ある毒素(化学物質)のうち、それぞれ体から排出される毒素の種類は違うそうです。

つまり、汗でないと排出しにくい毒素も存在するということ。
汗によってデトックスをしようとすることにはちゃんと意義があります。

お風呂に入ることによるデトックス、 まず1つ目は汗をかくこと。
その2は、お風呂で体が温まることで、血液の流れだけでなく、リンパの流れもよくなることです。

リンパとは、まさにデトックスと関係のあるものです。リンパの役割を簡単に言うと、
老廃物を集めて排泄することです。細菌やウイルスといった体に危険なものも運ぶため、免疫機能とも関わっています。

お風呂に入ることで筋肉がほぐれるとリンパも流れやすくなり、デトックスが促進されます。
また、リンパは脂肪も流します。痩せるためにもリンパ液を流しやすくすることは重要なことです。

また入浴すること自体、基礎代謝を高める効果がありますので、
毎日欠かさずお風呂に入っていたほうが、痩せやすい体質になることは確かです。

塩風呂やマッサージなどは?

ただ普通にお風呂に入るだけでなく、いろいろな工夫をしてお風呂に入ることでデトックス効果を高める方法もあるそうです。

たとえば塩風呂。30~50gほどの塩をお風呂にいれるという方法です。
塩分が毛穴に浸透して、毛穴に詰まった皮脂汚れを外に出すという効果があるそうです。

私は試してみたことがないので実際の効果はわかりません。申し訳ありません。
しかし、「塩分が毛穴に浸透する」って怖くない!?と思いました…。

食塩というのは塩化ナトリウムです。日常生活で基本的にナトリウム不足にはならないほど、私たちはナトリウムを過剰摂取しがちなのですが、お風呂にも入れてしまい、さらに毛穴の中にまで侵入を許してしまうのはちょっと!と当サイトの管理人的には思いますね。デトックスって入れることじゃなくて出すことですし、塩分がなくても発汗することで皮脂汚れは出ます。むしろ汗に塩分が十分含まれています。

マッサージに関しては、大賛成です!
先ほどお風呂に入ることでリンパの流れがよくなって老廃物も流れやすくなるとお伝えしましたが、
マッサージをすればさらにさらにリンパ流れます!

プロのマッサージでもそうですが、基本的にはマッサージはリンパを流すことで疲労感を取り除くというものです。お風呂で流れやすくなっているリンパを、「さする」といった簡単なマッサージでさらに改善させることができれば、デトックスへの効果は大きいと思います。

マッサージの方法については、また次の機会に譲りますが、マッサージはおすすめです。

人気のデトックスダイエット法

デトックスダイエットの効果

デトックスダイエットの話